ご挨拶
組合員紹介
役員紹介
賛助会員
年間行事
お知らせ
JAGATセミナー
大印工 年間行事
入会・問合わせ
関連リンク

日帰り懇親バスツアー

平成28年10月30日(日)

秋晴れの10月30日の日曜日、総勢23名の参加による支部懇親日帰りバスツアーのスタートである。
松本支部長の挨拶のあと、最初の目的地である「信楽陶芸村」を目指す。最初に八福狸への絵付け体験を行ったが、10分程度で仕上がり時間をもて余す方もいれば、たっぷり40〜50分もかけた丁寧な絵付けで「さすがに印刷組合の方だなあ」と感心する出来映えの作品を仕上げられる方まで様々で、本当に性格の表れる体験であった。
ここ信楽陶芸村には薪で陶器を焼いていた時代の古い「のぼり窯」跡があり、完全な形で残っているのは大変珍しいとの事である。

絵付け体験の後はのぼり窯の見学や信楽焼きのお土産を購入し、いよいよ今回のバスツアー最大の目的地である、一生分の松茸と近江牛が食べられると評判の店「魚松」へと向かう。
今回いただく「名物あばれ食い」と呼ばれるコースは、特選近江牛と松茸のすき焼きに松茸ご飯が食べ放題で、さらに松茸の土瓶蒸し、デザート、そしてお土産として松茸昆布などがこれでもかという程に付いてくるのである。
実は値段的にあまり期待はしていなかったが、いざ出てきた牛肉を見ると、さしの入った見た目にも良さそうな油ののった赤身肉で、食すと柔らかくて思わず笑みがこぼれた。肝心の松茸の方は輸入ものなのは先刻承知してはいたが、この値段でこれだけ食べられれば大満足であった。
すき焼きの近江牛と松茸は次から次へと大量に鍋の中に放り込んでくれて、ついつい食べ過ぎる始末でしばらくは動けない状態であった。
周りからも「もうすき焼きも松茸も見たくない」と言う声が続出する有様で、十分に満足してもらえたようであった。
帰りは草津SAでお土産を購入し、最後に車中でビンゴゲームをして盛り上がり大満足の一日であった。

トップページに戻る
 Copyright (C) 2008 PRINTER INDUSTRY UNION OF OSAKA TOWA. All Rights Reserved.